銀座駅 徒歩3分
新橋・有楽町駅 徒歩6分
Tel.03-5537-6645
10:00~19:00 (木曜・日曜休診)
※土曜は9:00~18:00

目の形成(67) 眼瞼下垂の治療経過

2021.10.25 月 10:05

こんにちは。

今回は、眼瞼下垂手術の症例になります。

眼瞼下垂手術は、通常の二重切開に加えて、目を開く筋肉の腱膜を固定して目の開きを良くする処置をします。

目の開きが良くなることで、二重がくっきりしてよりパッチリ目にすることができます。

もともと肩こりや頭痛があると、下垂を直すことで改善することもあります。

眼瞼下垂手術が必要かどうかは診察での確認となりますが、場合によっては術中判断になります。

術中判断では、手術中に仮り止め糸をかけてから目を開いてもらい、目の開き理想的に改善するようであれば、眼瞼下垂の処置を追加します。

術前と、術後4ヶ月です。

ご希望通りの、平行型二重になりました。

まだ赤みもむくみも残りますが、もう少し経過するとナチュラルになります。

眼瞼下垂手術をしたことで、目の開き易さも改善し、肩こりも無くなったそうです!!!

銀座Sクリニックのご予約やお問い合わせは、メール info@ginza-s.jp 、 あるいは、TEL 03-5537-6645 で受け付けしております。

ホームページからのご予約も承っております。 当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓ 

クリニックでは、コロナ感染対策は最大限の注意を払って実施しています!

Dr酒井の直通メール相談もお受けしておりますのでお気軽にメールを送ってください! ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。私だけが読ませていただくメールとなります。なるべく早くご返信するよう心がけますが、メールカウンセリングが混みあっておりますので、ご返信まで数日かかってしまう場合もございます。 少し遅くなってしまった時はご容赦下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

銀座S美容・形成外科クリニック 酒井直彦院長ブログ - にほんブログ村

↓ 銀座S美容・形成外科クリニック Instagram はこちら

Instagram

モニター症例写真の配信や、お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。


お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。