銀座駅 徒歩3分
新橋・有楽町駅 徒歩6分
Tel.03-5537-6645
10:00~19:00 (木曜・日曜休診)
※土曜は9:00~18:00

しみ・くすみ・肝斑

女性

しみ・くすみは同じように見えますが様々な種類があり、混在している場合がほとんどです。同じ治療でもしみの種類によって効きが異なりますので、しっかりと診断して最適な治療法を使い分けることが重要です。

しみ・くすみのタイプ

代表的なしみ・くすみは、以下のように分類されます。

老人性色素斑

症状

皮膚に存在するメラニンという色素が、紫外線から肌細胞を守る働きをしています。 通常は、新陳代謝によってメラニン色素が肌の表面に移動して排出されます。 加齢や肌荒れで新陳代謝が悪くなると、メラニン色素が皮膚に残りやすくなり、やがてシミになります。もちろん代謝だけでなく、生活環境や紫外線も影響します。

治療

レーザーやフォトフェイシャルなどの光治療がメインになります。他にも、イオン導入、ピーリング、サプリメントなどの併用がお勧めです。

治療後

予防的な側面からも紫外線対策などの日常的なケアが大切です。

雀卵斑(ソバカス)

症状

いわゆる「そばかす」のことです。小さな斑点のようなしみが、幼少期から目の下、頬、鼻の頭などに点在してきます。 遺伝性が関連しているともいわれますが、紫外線の影響で色濃くなるので、夏場により目立つことが多いです。

治療

フォトフェイシャルやレーザーなどの光治療が有効であることが多いです。

炎症後色素沈着

症状

炎症後色素沈着とは、ニキビやケガ、ヤケドなどで生じた皮膚の炎症が色素沈着をおこし、そのままシミとして残存してしまう症状のことです。 一般的には時間の経過と共に色調が薄くなっていきますが、炎症が強かったり長引いたり、紫外線を浴びたりすることで、濃くなった色が消えずに定着してしまうことがあります。 通常の日光性のしみと比べると、治療に難渋するタイプです。

治療

レーザーやフォトフェイシャルなどの光治療、イオン導入、外用薬などを併用して治療します。

肝斑

症状

頬・額・鼻周辺に、左右対称にできることが多い、かすみがかったようにぼやっと広がるくすみです。特にチークラインあたりに出やすく、30代~50代の女性に多く見られます。 女性ホルモンのバランスの乱れや、紫外線、ストレスや生活習慣の乱れ、化粧や肌を擦るといった物理的刺激などが原因と考えられています。 肝斑も色素沈着と同様に、難治性のくすみの一つです。

治療

通常のレーザー治療だと悪化する場合もあるので、医師の正確な診断のもとで適切な治療を受けることが大切です。 内服薬や外用薬、フォトフェイシャルやレーザートーニングなどの光治療、ピーリングなどの治療があります。

ADM (後天性メラノサイトーシス)

症状

老人性色素斑(シミ)と違い、境界がぼんやりとしたグレーから青味を帯びた色素斑です。 通常、頬や額、鼻周辺に左右対称性に点在します。成人になってから真皮のメラノサイトが増えて発症されると言われています。また、肝斑や老人性色素斑と混在することも少なくありません。

治療

レーザー治療が有効ですが、深い部分のシミなので回数や時間を要します。

しみ・くすみの治療

しみレーザー治療

目立つしみの部分にピンポイントでレーザーを照射します。 当てた直後はかさぶたができて、赤黒くなります。 専用のテープを貼って、1~2週間でかさぶたが剥がれ落ちます。 赤みはしばらく残りますが、赤みが抜けると、しみの色味が薄くなっています。

しみレーザー(ヤグレーザー)

e-MAX(フォトフェイシャル+高周波治療)

色素を薄くするフォトフェイシャル(光治療)と肌のハリが改善する高周波治療の、コンビネーション治療機器です。 フォトフェイシャルは、様々な波長の光をお顔全体に照射します。しみやくすみなどの黒いメラニン色素だけでなく、赤ら顔などの赤みに対しても効果があります。

お顔全体に広がる細かなしみやくすみの治療には良い適応です。 また、皮膚に熱エネルギーを与えて小じわやハリを改善する高周波も組み合わせていますので、肌のアンチエイジングとしてもお勧めします。

e-max

レーザートーニング

レーザーを浅く広く当てるモードで、顔全体に照射します。 しみレーザーのようにかさぶたが生じることはほとんどありません。 フォトフェイシャルと同様に、お顔全体の細かなしみやくすみの治療に適しています。

レーザートーニング

ピーリング

ピーリング治療は、酸性の薬液をお顔全体に塗布することで、皮膚表面の角質を取り除いて皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を正常化します。代謝が改善すると皮膚に貯まったメラニン色素が排出されて、しみ・くすみが薄くなります。さらに健康な肌を維持すれば、しみ・くすみができにくくなります。

グリコール酸を使用するケミカルピーリングとサリチル酸を使用するマクロピールがあり、肌の状態によって使い分けています。

ケミカルピーリング

イオン導入

ビタミンCやトラネキサム酸、プラセンタなどの美白成分を、微弱な電流でイオン化させて肌に浸透させる治療です。皮膚にはバリア機能があるので、塗るだけでは皮膚の奥まで届きにくい美白成分を、イオン化することでバリアを超えて奥深くまで浸透させることができます。

色味だけでなく、ニキビや肌荒れの鎮静効果もあります。 レーザー治療やピーリングなど、他の美容治療と組み合わせることで美肌効果が高まります。

イオン導入

美容注射・美容点滴

ビタミンCを始め、様々な美肌・美白成分を含んだ注射や点滴の治療です。 美肌・美白成分を基本として様々な成分を追加した注射・点滴メニューを多数ご用意しておりますので、患者様の目的に応じて対応できます。

血管内に直接成分を取り込みますので、化粧品や塗り薬と併用することで相乗効果が期待できます。

美容注射・点滴

ホームケア・サプリメント

アミノ酸を含む総合サプリメント、ビタミンCやビタミンEなどの医療用サプリメント、 高濃度の美白成分を配合したハイドロキノンクリームなどをご用意しています。 クリニックでの治療と併用して行うホームケアとしてお勧めしています。

ホームケア・サプリメント