銀座駅 徒歩3分
新橋・有楽町駅 徒歩6分
Tel.03-5537-6645
10:00~19:00 (木曜・日曜休診)
※土曜は9:00~18:00

まぶた手術で起こり得る合併症について

2018.07.11 水 21:35

こんにちは。

埋没法や二重切開、眼瞼下垂手術などは、美容外科手術の中でも最も件数の多いカテゴリーだと思います。

手術の効果や良い結果が注目されがちですが、

手術である以上、望まない結果や合併症などの可能性があります

重たいお話ですが、列挙していきたいと思います。

 

埋没法の合併症

糸を瞼に通して留置することで、目を開けた時に糸が皮膚を織り込むように作用し、二重になります。

糸は、溶けない医療用の糸(縫合などで使用する糸)を使います。

溶けないため体内にはずっと残るのですが、生体に影響を及ぼさない工夫がされています。

ただ、やはり全く安全というものはありません。

埋没法での主な合併症は、

1)糸の挿入部が赤く腫れてくる

2)目がごろごろする(角膜刺激)

3)目を閉じると、糸が表面に薄く見えたり、いぼ状に膨らむ

ということが挙げられます。

頻度は非常に稀なのですが、私の症例でもあります。

糸が原因であれば、一回抜糸して、入れ直すことになります。

早めに対応すれば、傷が残ったりなどの後遺症はありません。

他には、糸が緩むことで二重が戻ったり幅が変化することはありますが、

これは合併症というわけではなく、通常の経過で起こり得ることです。

 

二重切開、眼瞼下垂手術の合併症

こちらも頻度は少ないですが、埋没法に比べると、合併症は多種多様になってきます。

1)出血

術後に出血して、目が大きく腫れたり、内出血が大きく広がることがあります。

場合によっては、一度傷を開けて、止血処置が必要なこともあります。

2)感染

傷が感染することがあります。

3)傷跡

傷跡は、全く無くなることはないですが、通常は気になる程には目立ちません。

しかし中には、目を閉じた時に傷痕が若干白かったり、折り目が残るなど、思ったより目立つケースがあります。

当然、傷は細心の注意を払って細かく縫うのですが、組織の量や体質など、傷の治りには個人差も多少影響があると思います。

半年たっても気になるようであれば、傷部分を縫い直すことも検討します。

4)二重の形、皮膚の被り具合や左右差などが、予想された結果と異なる

目の手術は大変難しいのですが、というのも、左右を揃える必要があります。

しかし、人は利き手があるように利き目があり、目を開けるときの力の入れ方や動き、それに解剖的にも左右差があります。

元々それほど動きや形状に左右差がなければ、比較的良い結果が出やすいのですが、

二重の形や目の開き具合に大きな左右差があると、左右を揃えることにかなりの神経を集中する必要が出てきます。

手術中に何度も確認を重ねて揃えていくのですが、麻酔による腫れや目の動きの制限もあるので、結果が正確に100%予想できないという難しさがあります。

 

いくら丁寧に集中して手術しても、いざ合併症を起こしてしまうと、患者様の信頼はゼロになります。

全力を出し切った反動もあり、その時の虚しさは、説明し難いものがあります。

どんな名医であっても、同じような気持ちがあると思います。

私自身も何度か辛い経験をしてきましたが、合併症は完全に避けようがない事実があります。

完璧な予防方法がない以上、月並みですが、誠心誠意やっていくというほかはないですね。

 

美容外科ブログの応援もよろしくお願いいたします!

 ↓ こちらを押していただければうれしいです!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


美容外科ランキング

 

銀座Sクリニックのご予約メールは、info@ginza-s.jp となります。

お電話でのご予約は、TEL 03-5537-6645 になります。

ホームページからのご予約も承っております。
当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓ 

ご遠慮なく、カウンセリングにお越しいただければと思います。

Dr 矢沢 直通メール相談 にて、メールでのカウンセリングも常時行っております!

ginzayazawa@gmail.com までご相談ください。

なかなかクリニックまではお越しになれない方、少し興味があって話だけでも…という方など、

まずはメールでのご相談も大歓迎です!私が拝見して、お答えいたします!

 

 

美容外科ブログの応援もよろしくお願いいたします  

 こちらを押していただければうれしいです

にほんブログ村 美容ブログへ にほんブログ村 美容外科ランキング  

↓ Dr矢沢 Instagram はこちら

Instagram  

 

銀座Sクリニックのご予約メールは、info@ginza-s.jp となります。

お電話でのご予約は、TEL 03-5537-6645 になります。

ホームページからのご予約も承っております。 当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓ 

 

城本クリニック横浜院・長野院 での診療も行っています。 ご遠慮なく、カウンセリングにお越しいただければと思います。  

Dr 矢沢 直通メール相談 にて、メールでのカウンセリングも常時行っております! ginzayazawa@gmail.com までご相談ください。

なかなかクリニックまではお越しになれない方、少し興味があって話だけでも…という方など、 まずはメールでのご相談も大歓迎です!私が拝見して、お答えいたします!