銀座駅 徒歩3分
新橋・有楽町駅 徒歩6分
Tel.03-5537-6645
10:00~19:00 (木曜・日曜休診)
※土曜は9:00~18:00

症例一覧

ダブロ高密度集束超音波治療(ハイフ/HIFU)の一つで、マシンの名称を指します。外科的な施術を行わなくても、高いリフトアップ効果を得る事ができる魅力的な施術です。

今回はそんなダブロの効果や最適なショット数費用の相場、ダウンタイムなど、ダブロのあらゆる情報について詳しくご紹介していきます。

ダブロの施術概要

《ダブロとは》

ダブロとはメスを使わずに皮膚をリフトアップさせる効果のある施術です。高密度集束超音波治療マシンのひとつです。

従来のリフトアップマシンでは照射ができなかったSMAS層(皮膚の土台となる層)という、深い部分にある筋膜まで超音波を届けることができるのが特徴です。

その結果、組織の収縮が起こり、内側からのリフトアップ効果をもたらします。もちろん、皮膚表面から浅い部分の引き締めも可能です。

メール相談はこちら

ダブロの効果について

《①リフトアップ効果》

ダブロは、虫眼鏡で太陽の光を集めるときのように、超音波のエネルギーを1点に集めることで高エネルギーを発生させ、それを皮膚の内側にまで届けます。

集中的にエネルギーを点状に組織に当て、その熱によって組織を収縮させます。皮膚の土台となる組織が引き締まることで、皮膚全体の引き締め効果につながりたるみを改善させます。

ダブロのリフトアップ効果は、2段階で現れます。まずは即時効果です。施術によって加熱されたSMAS層では、タンパク質が熱収縮を起こしています。そのため直後から皮膚の土台の引き締め効果が出始めています。

その後2〜3ヶ月をかけて皮膚の弾力が増し続け、リフトアップ効果は長期的に続いていきます。

《②美肌効果》

ダブロには先端のカートリッジを取り替えることで、いくつかの皮膚の深度へ照射を行うことが可能です。

この先端のカートリッジを皮下組織の層へ当てるものへと変更することで、コラーゲンやエラスチンの増生を促します。

これによって皮膚の弾力が増し、リフトアップ効果だけでなく高い美肌効果も出すことができます。

《③効果のピークと持続期間、施術の頻度》

ダブロは施術を受けた直後から効果を実感でき、その後2〜3ヶ月ほどでリフトアップ効果のピークを迎えます。

加熱によってダメージを受けた部分を修復する過程で効果を発揮させるので、施術後2〜3ヶ月程度たった時にも最も効果が現れます。

効果の持続時間は個人差がかなり大きくなります。多くの場合、半年間ほど効果が持続します。永久的に続くわけではないので、1年に1~2回の施術を受けると効果的と言われています。

【関連記事】
ダブロは「ほうれい線」や「ゴルゴライン」への効果がある?

メール相談はこちら

ダブロが向くのはこんな人

この治療をおすすめできるのは皮膚のたるみやシワが気になり始めたり、フェイスラインが変化してきたと思っている人です。

それだけでなく従来のハイフ治療のような強い痛みのある治療は受けたくないという人や、外科的な手術は受けたくないという人にも向いています。

痛みについては本記事の後半”ダブロのメリット”の部分で詳しく解説します。

メール相談はこちら

ダブロは併用可能

《ボトックスやヒアルロン酸なども併用可》

美容ケアには色々な施術法があり、それぞれに良さがあるので併用することでより希望の状態に近づけることができます。

ダブロは特殊な施術を除いて、基本的に他の治療を併用することができます。

ただ、あまり日数をあけずに施術を行うとトラブルが起こる可能性もあるので、間隔をあける期間は担当医と相談するようにしましょう。

《金の糸などは施術が不可能な場合がある》

金の糸やその他のリフトアップ系の施術を受けたことのある場合は、ダブロの施術が受けられないことがあります。

金の糸の場合は、顔に入っている糸が純金でなかったり挿入する位置が間違っていたりした時にダブロを照射してしまうと、稀に火傷などの症状を招いてしまう可能性があるからです。

施術前に、過去に受けたことがある施術がある場合は、念の為医師に確認しておくようにすると安心です。

メール相談はこちら

ダブロの費用について

《値段はショット数によって大きく変わる》

ダブロはただ施術を受ければ良いというわけでなく、適切な回数のショット数で施術を受けることが重要です。

ダブロの費用はショット数によって大きく変動します。ショット数が多い方がしっかりとした効果を出せますが、価格も高くなります。

目安としては100〜200ショットで顔の一部分である目元、頬、顎、首などの施術が可能です。

顔全体への施術を行いたい場合は300〜400ショットが目安とされています。

【関連記事】
ダブロのショット数による効果の違い|部位別の効果的なショット数とは

《顔全体の費用相場》

顔全体への施術の大体の相場は100,000〜200,000円前後になります。初回施術キャンペーンを行っている場合もあります。

クリニックによって費用に差がありますので、施術を検討する際は各クリニックの費用とショット数をしっかりと確認するようにしましょう。

《顔の一部の費用相場》

顔への一部分への施術の場合は、大体50,000円〜100,000円ほどを相場とするのが良いでしょう。

施術範囲がとても狭くとても少ないショット数で施術ができる場合(顎下など)はもっと費用が安くなることもありますし、一部位でも施術範囲が広い場合は(頬など)100,000円近い費用がかかることもあります。

クリニックによっては、いくつかのパーツを組み合わせたセット価格(目元とおでこ、など)を用意してる場合もありますので、施術を検討する際は事前に確認してみましょう。

《コース料金がある場合も》

ダブロは永久的に効果が続くわけではないので、何度かの施術がセットになったコース設定があるクリニックもあります。

通常は単独で施術を受けるよりも、コースのほうがお得な価格で行えるようになっており、20〜30%ほど価格が安くなっていることもあります。

一度施術を受けてみてダブロの効果を実感することができて、その後も繰り返し施術を受ける予定がある時には、セット価格を上手く活用すると良いでしょう。

メール相談はこちら

ダブロのメリット

《痛みが少ない》

ダブロは今までに合って同じタイプの機器に比べて超音波の照射ムラが少ないという特徴があります。

これまでのリフトアップマシンは照射にムラがあり、一部だけにパワーが集中してしまいがちでした。そのため、その部位に強めの痛みを感じてしまうことがありました。

ですがダブロはエネルギーを均一に安定して照射することができるので、その分痛みを軽減できるようになりました。

《ダウンタイムがほぼ必要ない》

痛みが少ないという点以外にもダウンタイムがほぼ必要ないということもメリットのひとつです。

クリニックによって対応が異なりますが、施術後にいつも通りにメイクをして帰宅することができるケースもあります。

痛みに関しては1週間ほどあざを押した時のような傷みが続きます。ですが、日常生活に影響が出てしまうほどの症状がでることはほとんどありません。

《外科的な施術の必要なく高い効果が得られる》

ダブロは皮膚の上から超音波を当てるだけの治療法なので外科的な施術は必要ありません。

メスによる切開などを行わなくても、高い効果が得られる施術であるため、なかなか長期のダウンタイムがとれないような方でも施術を受けやすいでしょう。

“ダブロ(ダブロs)はピンポイントでエネルギーを照射できるので、皮膚の表面や筋膜層の周囲を傷つけることは少く、ダウンタイムはほとんどないといわれています。 ”

引用:美容医療相談室「ダブロ(ダブロs)」

メール相談はこちら

ダブロのデメリット

《金の糸などの施術を受けている場合はダブロを受けられない場合がある》

この治療は誰でも受けられるとはいえ、以前に金の糸を用いた施術などを受けている人は副作用が起こるリスクがでてしまう可能性はゼロではありません。

きちんと純金の糸を使って正しい位置に施術されていれば問題はありませんが、そうでない場合には超音波のパワーが糸に当たった時に火傷の症状がでることがあります。

事前にしっかりと医師に相談し、もし少しでも危険のリスクがある場合にはダブロの施術は避けましょう。

《ショット数が少ないと満足の行く効果が得られないことがある》

ダブロはどれだけのショットを当てたかということで効果の大きさに違いがでます。

時々みかけるお得な価格設定の施術の中にはショット数の記載が無いものも多く、確認してみるとショット数がとても少ないケースがあります。

ショット数が少なくては、満足の行く効果は得られません。施術を検討する際は、しっかりとショット数の確認まで行うように心がけましょう。

メール相談はこちら

ダブロのマシンの種類

《日本では3種類のダブロがよく見られる》

ダブロとは韓国で開発されたハイフマシンの名称です。日本では主に、3種類のマシンがよく使用されています。

1つは、「ダブロ(Doublo)」です。これは、後続のモデルのベースとなるマシンで、顔のみの施術に使用されることの多いマシンです。

2つ目3つ目は、「ダブロS(Doublo-s)」、「ダブロゴールド(Doublo Gold)」です。この2つは顔だけでなく体の痩身目的などでも使用することが出来ます。

ダブロゴールドは、3つの中では1番新しいモデルのマシンとなっています。

《ダブロとダブロゴールドのその他の違い》

このふたつの違いは施術を行う時のスピードです。ダブロゴールドはダブロに比べて、照射にかかる時間が大きく短縮されました。ダブロシリーズの中では、ダブロゴールドが最も速い照射スピードで施術を行うことができます。

照射する部品もダブロゴールドのほうが軽量化されて扱い易くなっており、そういった点でも施術スピードをアップさせることが可能になっています。

メール相談はこちら

ダブロを受ける際のポイント

《ショット数に注目するのを忘れずに》

実際にどこのクリニックで施術を受けようかと思った時に注目をしておく必要があるのがショット数です。

適切なショット数で施術を受けないと、せっかく施術を受けても満足の行く効果を得られません。

HPなどにショット数の記載をしていない場合も、事前のカウンセリングなどでしっかりとショット数について確認しておくようにしましょう。

《顔のリフトアップ系の施術の経験がある場合は医師に事前に相談》

タブロはほとんどの人が受けられる施術ですが、過去にリフトアップ系の施術を経験している場合には、念のため担当医に相談をしておくと安心です。

影響がでてしまう可能性がゼロとは言い切れないため、術後のトラブルを予防する意味でも、カウンセリングの際に伝えておくようにしましょう。

ダブロを検討中ならまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。
それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら

ダブロは外科的な施術を必要とせず、さまざまなアンチエイジング効果が期待できる魅力的な施術です。中には、20代のうちからダブロの施術を検討される方もいるようです。

20代でダブロなんて早すぎる?そんな風に考えている方もいるかもしれません。そこで今回は、若い方でも得られるダブロの効果について詳しくご紹介していきます。

20代でもダブロは受けられる?

《20代でも十分効果が実感できる》

このようにダブロのような治療は、20代だからといって早いという事はありません。20代・30代というようなまだお肌の衰えを身をもって感じる前であっても、しっかりと効果を実感することが出来ます。

また、このように若いうちからお肌のケアを定期的に行っておくことで、加齢を恐れずに自信の持てる肌を保ち続けることも可能になるでしょう。

《20代でも肌の老化は進んでいる》

20代のうちはシミやシワなどを始めとして、肌のたるみに悩まされている方は少ないのではないでしょうか。ですが、お肌の老化は20代でも進んでいます。

特に25歳は一度目のお肌の曲がり角とも言われています。このころから、だんだんと10代のころとは違うお肌の悩みを感じ始めたり、メイクのノリが良くないと感じる機会も増えるのではないでしょうか。

“コラーゲンとエラスチンは20代をピークとして、その後は徐々に減少します。その結果、肌の形状記憶力が弱まりシワが戻らなくなってしまうというわけです。”

引用:美容医療相談室「表情ジワについて|原因や改善方法など気になる情報を解説」

20代でも得られるダブロの効果

《①リフトアップ効果》

20代でも肌のたるみが気になりはじめている方は少なくありません。

そんな時、ダブロは高密度集束超音波治療法(HIFU/ハイフ)によって、悩みの原因であるたるみの改善を図ることが可能です。虫眼鏡で太陽の光を集める原理のように、高密度の超音波を1点に集中させること高いエネルギーを発生させます。

この作用を利用して、たるみが気になる部位に照射をすることで、たるんだ組織が収縮しリフトアップ効果を得る事ができるのです。特にぼやけがちな顎周りのラインが引き締まったり、頬の位置がきゅっと上がったりというような効果が実感できます。

またリフトアップと同時に、小顔効果も期待できます。20代30代の若いうちであっても、たるみ始めたお肌に照射することで、顔が一回りスッキリし小顔になった印象へ改善することができるでしょう。

《②美肌効果》

またダブロで得られる効果はたるみ改善効果だけではありません。照射エネルギーによってダメージを受けた皮下組織は、それを修復しようとコラーゲン・エラスチンなどを増生します。

これによって、キメの整ったハリのある肌を手に入れることができる効果もあります。

20代でくすみがちな肌にお悩みの方にも効果的な施術であると言えるでしょう。

《③毛穴が目立たなくなる効果》

②の美肌効果に付随する効果として、毛穴が目立たなくなる効果も挙げられます。
若々しさを失わせる毛穴の開きにお悩みの方は少なくありません。かといって、毛穴の開きは自力で簡単に改善できる症状でもありません。

ですがダブロを受けると、肌が深層部から引き締められることによって、開いた毛穴をキュッと引き締める効果が期待できます。
毛穴が目立たなくなることで、メイクののりが良くなったり、毛穴レスで清潔感のある美しい肌を手に入れることができるでしょう。

ダブロの施術を検討中ならまずはカウンセリングから

ご紹介してきたようにダブロは若い方にもしっかり効果がある施術です。「まだ若いからダブロを受けるには早いかな」なんて方も、まずは医師のカウンセリングを受けてみましょう。

銀座S美容形成外科クリニックでは、患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。 それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら

 

ダブロは切らないリフトアップとも呼ばれる施術で、皮膚の深い部分である筋肉層からたるみを引き上げてくれます。

体に負担を掛けずにリフトアップできると人気が高まっていますが、治療前にはメリットだけではなく副作用についてもしっかり知っておきましょう。

ダブロの副作用について

《熱感や痛みなどを感じてしまう》

施術後、火照るような熱感や筋肉痛のような痛みを発症してしまうことがあります。

これらの症状は一時的なものである場合が多く、数日経てば自然に解消されることがほとんどです。

《赤みが出てしまう》

ダブロは高い熱エネルギーを使うので、施術直後はその影響で肌表面に赤みが出ることがあります。

とはいえ、この症状も一時的なものであることが多く、通常はすぐに引いていきます。施術直後からメイクをできることも多いため気になる場合はファンデーションなどでカバーが可能です。

《神経障害になってしまう》

ダブロは皮膚の深い層に向かって、高い熱エネルギーを照射する治療です。もしも誤って照射禁忌部位に照射してしまうと、しびれや痛みなどの神経障害が現れる可能性があります。

照射範囲や照射方法をきちんと守っていれば起こらないリスクではありますが、いい加減な施術を行うとこのような副作用が現れてしまいます。

《皮下出血が起きてしまう》

持病の治療のために、抗凝固療法などの血液をサラサラにする薬を服用している場合は、皮下出血を起こしてしまう可能性があるため注意が必要です。

もしも服用中の薬や治療中の病気がある場合は、事前に医師にしっかりと相談しておきましょう。

《皮膚が膨らんでしまう》

ダブロの施術後、ミミズ腫れのように皮膚が膨らむことも副作用のひとつとしてあげられます。

これは筋膜が引き締まりそれによるリフトアップ効果が強く現れることが原因で、特に皮下脂肪の薄い人に起こりやすい症状です。

急に変化すると驚いてしまう人もいますが、この症状も長く続くのではなく半日から一日ほどすると治まります。

《火傷を引き起こす可能性もある》

熱エネルギーを与える治療ですので火傷を引き起こす可能性が0ではないことも知っておきましょう。

照射ショットの間隔が短くなった場合は、火傷が起こりやすいと言われています。ですが、ダブロの機器には間隔を安全に調整する機能も付いていますので、そうした心配は極めて少なくなっています。

高い技術力と正しい知識を持つ医師が担当してくれれば火傷になることはありません。トラブルを避けるためにもクリニックは慎重に選ぶことが大切です。

《痛みを感じてしまう》

高密度の超音波を安定して均一に当てることができるので、他の類似した治療に比べて痛みは抑えられています。

ですが、痛みが無いというわけではありません。個人差はありますが、施術中もそれなりの痛みを感じる場合が多いようです。

また、施術後に関しては、1週間ほどは照射部位に青あざを押した時のような、鈍い痛みを感じることがあるようです。日常生活に支障が出るほどの痛みではありません。

《腫れが出てしまう》

ダブロの施術直後は、照射の熱エネルギーの影響で腫れやむくみのような症状が出ることが多いです。

また、照射のエネルギーが高ければ高いほど腫れなどの症状も現れやすくなるようです。これらの症状は一時的なもので、早くて当日遅くて3日ほどで治まります。

できるだけ施術後の腫れを抑えたいという場合は、ダブロの出力を高くしすぎないという対処法があります。ですがあまりにも出力を下げすぎると満足の行く効果が得られないこともあるので注意しましょう。

メール相談はこちら

十分にリスクを理解してから受けることが重要

メスを使わないので安全に施術ができるというイメージがありますが、ダブロでも副作用のリスクを伴うことがあります。

治療を受ける前には施術のプラス面とマイナス面をしっかり理解しておく必要がありますし、高い技術力で対応してくれる医療機関を選ぶことも大事です。

”赤みやむくみ、ヒリヒリした痛み、小さなかさぶたや内出血ができる事がある、といった説明をしているクリニックもあります。
比較的新しい施術の一つですので、複数の医師のカウンセリングや説明を受けることも大切になってきます。 ”

引用:美容医療相談室【ダブロ(ダブロs)】

ダブロの施術を検討中ならまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。 それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら

 

院長 酒井 直彦
(医学博士/日本形成外科学会認定形成外科専門医/日本美容外科学会認定専門医)
住所 〒104-0061
東京都中央区銀座6丁目5-13
CSSビルディング III 3F
最寄駅 銀座駅 徒歩3分
有楽町駅 徒歩6分
JR、銀座線 新橋駅 徒歩6分
ゆりかもめ 新橋駅 徒歩10分
診療時間
10:00~19:00
※土曜・祝日も診療(木曜・日曜休診)
※土曜は9:00~18:00
電話番号
03-5537-6645
LINELINEオンライン相談