銀座駅 徒歩3分
新橋・有楽町駅 徒歩6分
Tel.03-5537-6645
10:00~19:00 (木曜・日曜休診)
※土曜は9:00~18:00

脂肪吸引① ウルトラZ+脂肪吸引 大腿全周モニター症例の患者さまの経過です

2016.02.05 金 13:53

当院では、脂肪吸引手術の際に、超音波による脂肪を破砕する機器であるウルトラZの併用をおすすめしております。

ウルトラZを使用すると、より効率よく脂肪を大量に吸引でき、また、術後の内出血やむくみが少なく防げます。術後経過がこれまでより楽になりますし、早く回復して、よりすっきり細くなります。
最近は、超音波と一体型の脂肪吸引機器もありますが、太くて短く、また、吸引管にカーブをつけることができないので、例えば太腿全周から膝周囲を吸引するのに、8カ所かそれ以上の数の皮膚切開を必要とします。
ウルトラZ + 脂肪吸引であれば、同じ範囲の吸引を太腿の付け根部分の合計4カ所(前面2カ所+後面2カ所)の皮膚切開のみから、しっかりと吸引が可能です。

ウルトラZのような超音波を発生する機器は、同時に熱を発生するので、使用するのにもコツが必要です。当院では、さらに、万が一にヤケドになることがないように、特殊な傷跡保護器具をしようしております。

この保護器具は、通常の脂肪吸引でも使用しており、術後の傷跡がほとんど目立たなくなるのにも、重要な役割を担っています。
さて、脂肪吸引というと、単純に吸い取るだけと想像なさる方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、やはり綺麗なラインがでるように吸引するとか、綺麗さを保ちつつ最大限の量の脂肪を吸引するのは、やはり何といっても、確かな技術が最も重要です。
言わずもがな、吸引して細くなったけど、凸凹になった、などというのは論外です。
今後も、確かな技術に、プラスアルファを工夫することで、最善最良の経過と結果を求めて参ります。
さて、前置きが長くなってしまいましたが、、、
ウルトラZを併用した、大腿全周の脂肪吸引モニター症例Aの患者さまのご紹介です。
術前の正面像です。

術後1ヶ月の正面像です。

術前の斜め前からの状態です。

術後1ヶ月の斜め前からの状態です。

術前の側面像です。

術後1ヶ月の側面像です。

術前の斜め後ろからの状態です。

術後1ヶ月の斜め後ろからの状態です。

術前の後ろからの状態です。

術後1ヶ月の後ろからの状態です。

1ヶ月としては、かなり早い回復が認められます。
吸引による痩身効果も良好です。
もう1~2ヶ月しますと、さらに細く、また、さらに滑らかな綺麗なラインになってきます。

また経過をご報告させていただきます。

クリニックのご予約やお問い合わせは、メール info@ginza-s.jp 
あるいは、
TEL 03-5537-6645 で受け付けしております。

Dr酒井 直通メール相談もお受けしております!
ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

銀座S美容・形成外科クリニック 酒井直彦院長ブログ - にほんブログ村

↓ 銀座S美容・形成外科クリニック Instagram はこちら

Instagram

モニター症例写真の配信や、お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。


お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。