銀座駅 徒歩3分
新橋・有楽町駅 徒歩6分
Tel.03-5537-6645
10:00~19:00 (木曜・日曜休診)
※土曜は9:00~18:00

眼の形成(63) 眼瞼下垂(切開を伴う)短期の術後経過のご紹介

2021.07.12 月 10:17

こんにちは。

今回は、切開による眼瞼下垂手術の症例です。

 

眼瞼下垂の症状には、術前は左右差があります。

黒目は左側の方が隠れていて、眉毛は右の方が上がっています。

このような状態で、左右を合わせていくのは、なかなか難しいことです(眼瞼下垂を治療してるドクターなら分かると思います)。

 

術前、術後1週間、術後1ヶ月の経過です。

1週間目は内出血と腫れが強いです。

抜歯の翌日からメイクが可能です。

ダウンタイムの目安になると思います。

術後1ヶ月でもまだ腫れや赤みがあります。

左右差はほぼ消失して、ぱっちりとした二重になりました。

もう少し時間経過するともっとナチュラルに素敵な目になります。

また経過をご報告いたします!

 

銀座Sクリニックのご予約やお問い合わせは、メール info@ginza-s.jp 、 あるいは、TEL 03-5537-6645 で受け付けしております。 ホームページからのご予約も承っております。 当クリニック公式ホームページはこちらになります ↓  クリニックでは、コロナ感染対策は最大限の注意を払って実施しています!

Dr酒井の直通メール相談もお受けしておりますのでお気軽にメールを送ってください! ginzasakai@skmc-co.comまでご相談下さい。私だけが読ませていただくメールとなります。なるべく早くご返信するよう心がけますが、メールカウンセリングが混みあっておりますので、ご返信まで数日かかってしまう場合もございます。 少し遅くなってしまった時はご容赦下さい。

美容外科ブログの応援も、よろしくお願いいたします!

銀座S美容・形成外科クリニック 酒井直彦院長ブログ - にほんブログ村

↓ 銀座S美容・形成外科クリニック Instagram はこちら

Instagram

モニター症例写真の配信や、お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。


お得情報などをお知らせします。
ご登録お願いします。