銀座駅 徒歩3分
新橋・有楽町駅 徒歩6分
Tel.03-5537-6645
10:00~19:00 (木曜・日曜休診)
※土曜は9:00~18:00

フォトフェイシャルで赤みは改善できる?効果や術後の赤みについても解説

2018.10.30 火 18:23

フォトフェイシャルは、シミやくすみ・そばかすなどさまざまな肌トラブルに効果的な施術として知られています。しかしそれだけでなく、赤ら顔やニキビ跡などの赤みにも効果的な施術です。

ただ、赤みへの効果がある一方で、施術後に赤みが出てしまうという側面もあります。そこで今回は、フォトフェイシャルと赤みの関係について詳しくご紹介していきます。

フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルとは、「IPL(Intense Pulsed Light)」と呼ばれる光を照射することによって、メラニン色素にダメージを与えることができる施術です。

これにより、シミやそばかす・くすみ、赤みなど、さまざまな肌トラブルを改善することができます。

ダウンタイムが短く肌へのダメージも少ない反面、高い効果を実感できる施術だと言われています。

フォトフェイシャルの施術後の赤みは?

基本的にフォトフェイシャルは、ダウンタイムがほとんど無いと言われている施術です。

しかし肌の状態や体質によっては、施術の直後から火照り感やひりひり感を伴う赤みが持続することがあります。通常は、数時間で自然に消失していきます。

《赤みを抑えるためはアイシングが効果的》

もしも帰宅した後も赤みが長引く場合は、アイシングを行うのが効果的です。

清潔なタオルで包んだ保冷剤や、冷水に浸したタオルなどを優しくあてて冷却してください。冷却することで肌の炎症を沈静化し、赤みを改善する効果が期待できます。

失敗で肌が火傷状態になり赤みがでることもある

大変稀なケースではありますが、照射の出力が強すぎたり施術のやり方に問題があったりすると、患部が火傷を起こしてしまうことがあります。

火傷状態になると、赤みのほかに皮剥けや水ぶくれなどの症状が伴います。違和感を感じたら、すぐにアイシングを行い、施術を受けたクリニックに問い合わせましょう。

施術を受けたクリニックがまともに取り合ってくれない可能性もありますので、そういった場合はお近くの皮膚科に相談しましょう。

失敗を避けるためには医師選びを慎重に

フォトフェイシャルは、赤みやくすみ、シミなどを改善できる効果的な施術です。しかし、一歩間違えれば望まない赤みや火傷など、失敗を招く恐れもある施術です。

失敗を避けるためには、適切な照射パワーの設定や・肌質への理解一人ひとりにあった照射を行ってくれる医師のもとで施術を受けることが大切です。

医師の経歴や専門分野・カウンセリングでの印象・第三者からの意見などを参考にしながら、本当に信頼できる医師を選ぶようにしましょう。

フォトフェイシャルの施術を検討中ならまずはカウンセリングから

銀座S美容形成外科クリニックでは、フォトフェイシャル(光治療)の効果を持ちつつも高周波治療や赤外線治療の効果も併せ持つイーマックスと呼ばれるマシンを導入しております。イーマックスの施術をご検討の際は、まずはどうぞお気軽にカウンセリングにお越し下さい。

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。 それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら:https://www.ginza-s.jp/mail.php