銀座駅 徒歩3分
新橋・有楽町駅 徒歩6分
Tel.03-5537-6645
10:00~19:00 (木曜・日曜休診)
※土曜は9:00~18:00

鷲鼻の整形|鷲鼻を修正する3つの施術方法について詳しく解説

2018.06.20 水 15:56

鷲鼻は鼻筋の部分に段が付いている鼻の形のことを指しています。その鷲鼻は、いかつい印象を与えてしまったり鼻が目立つような印象を与えてしまったりするので、美容整形での修正手術を希望する方は少なくありません。

そんな修正手術には、ヒアルロン酸注入、プロテーゼ挿入、ハンプ切除術など大きく分けて3つの施術方法があります。今回は、それぞれの施術について、わかりやすくご紹介していきます。

ハンプ切除術による鷲鼻を修正するための整形術

《ハンプ切除術の施術の概要》

鷲鼻を修正する施術としてまず挙げられるのは、出っ張った部分の骨を削るハンプ切除術です。鼻の穴から切除をするので傷跡がほとんど目立たず、骨格へアプローチするため、根本から改善が期待できる施術です。

施術の流れとしては局部麻酔(クリニックによって麻酔の種類は異なる)を行った後、鼻の内側から小さく切開して出張った骨を切除します。直後は腫れや痛みなどが見られる場合もありますが、3〜4週間を過ぎると少しずつ目立たなくなってきます。

この施術の時間は30分程度で、入院の必要はなく施術当日に帰宅することができます。

《ハンプ切除のダウンタイム》

施術を受けた直後は腫れや痛みが見られますが、1週間から10日ぐらいを過ぎると徐々に改善されていきます。

入院の必要はなく、多少の家事や仕事は翌日からできることが多いです。しかし、最低でも術後3日ほどはしっかりと体を休める時間を確保しておくと良いでしょう。

《ハンプ切除術のメリット》

ハンプ切除術のメリットはヒアルロン酸注入などに比べると、半永久的な効果が得られるのが特徴です。骨の形を整えるという根本的なアプローチとなるので、一度施術を受ければその後半永久的に効果は持続します。

《ハンプ切除術のデメリット》

ハンプ切除術は多くのメリットがある美容整形ですが、盛り上がった骨を削る必要があるので、その分は鼻の高さが低くなってしまうことがデメリットとして挙げられます。

また、基本的には1〜2週間程度のダウンタイムが必要なので、なかなか長期間の休みが取れない場合には向かない施術かもしれません。

“ハンプ切除のみを行う場合、平坦な印象を与える顔だちになってしまう可能性が高いです。そのため、鼻尖形成や隆鼻術といった整形手術と合わせて行われることも多く、顔全体の印象から鼻のライン、形状を決められるセンスもドクターに求められます。”

引用:美容医療相談室【ハンプ切除術】

ヒアルロン酸注入による鷲鼻を修正するための整形術

《ヒアルロン酸注入の施術の概要》

鷲鼻の段が気になっている部分の上下にヒアルロン酸注入をすることで、鷲鼻を目立たなくします。

3か月から半年ぐらいは効果が持続し、施術時間も10分から15分程度です。

《ヒアルロン酸注入のダウンタイム》

ヒアルロン酸注入による鷲鼻修正のダウンタイムは、ハンプ切除のような骨を切除する施術に比べると短く済むことが多いでしょう。術後直後から2〜3日ほどは腫れのような症状が現れることがありますが、術後1週間ほどでほとんどわからないくらいまで改善していきます。

《ヒアルロン酸注射のメリット》

ヒアルロン酸注入による鷲鼻修正のメリットは、ハンプ切除法にくらべるとダウンタイムが短期間で済みます。また、鼻を切除する必要がないので高さが変わる心配もありません。

メスを使用せずに注射器で注入することができるのも魅力です。人体には元々含まれている成分なのでアレルギーの心配もほとんどなく、比較的安心して施術を受けることが出来ます。

ただし、まれにアレルギー反応を起こしてしまうケースもあるため、不安な方は事前に医師に相談する必要があります。

《ヒアルロン酸注射のデメリット》

ヒアルロン酸注入はダウンタイムや腫れなどが少ないのがメリットですが、定期的に施術を受ける必要があるので、費用がかさんでしまったり、通院のための時間が必要になったりしてしまう可能性もあります。

比較的安全性の高い鷲鼻修正のひとつですが、メリットだけでなくデメリットについてもきちんと説明をしてくれる美容外科を選ぶことが大事です。

プロテーゼ挿入による鷲鼻を修正するための整形術

《プロテーゼ挿入の施術の概要》

プロテーゼ挿入による鷲鼻修正では、段が気になっている部分にプロテーゼを挿入することで鼻筋を目立たなくする効果があります。施術時間は30〜40分程度ですが、この施術もハンプ切除のように正しく施術が行われれば半永久的な効果が得られます。

施術の流れとしては、局所麻酔(クリニックによって麻酔の種類は異なる)を施した後、鼻の内側から小さく切開し、鼻に合ったプロテーゼを挿入します。

《プロテーゼ挿入のダウンタイム》

プロテーゼ挿入後は、施術部位に腫れや痛み・内出血などの症状が現れます。腫れや痛みに関しては術後2〜3日くらいがピークで、その後1〜2週間をかけて徐々に改善されていきます。

内出血の症状に関しても、術後2週間ほどでだんだん治まっていくでしょう。症状の現れ方次第では、メイクなどでカバーできる程度の内出血であることが多いようです。

《プロテーゼ挿入のメリット》

プロテーゼは耐久性に優れており、半永久的な効果が期待できることがメリットとして挙げられます。

また、ハンプ切除法とは違い骨を取り除く必要がないので、腫れやダウンタイムも少ないです。

さらに、鼻の盛り上がった部分にあわせて高さを出す施術なので、鼻の高さも変わらないなどのメリットが挙げられます。

《プロテーゼ挿入のデメリット》

体内に異物を挿入する施術なので、ヒアルロン酸注入に比べるとダウンタイムが長くなってしまうのがデメリットとして考えられます。また体内に異物が入ることに漠然とした不安を感じる場合もあり、精神的な負担がかかるケースもあります。

3つの鷲鼻修正術の費用相場を比較

ハンプ切除法は平均的な費用が400,000〜600,000円前後になっており、プロテーゼを注入する方法は400,000〜500,000円前後になっています。この2つの施術は費用がかかりますが、半永久的な効果が期待できる施術です。

費用を抑えたい場合は、ヒアルロン酸注入を選択することが多いようです。ヒアルロン酸による鷲鼻修正術は大体50,000~150,000円が相場とされています。

鷲鼻修正術の施術を検討中の場合は、施術の効果やダウンタイム・費用など、さまざまな側面からそれぞれの施術を比較して、どの施術が一番自分に合っているのかを慎重に考えるようにしてくださいね。

鷲鼻修正の施術を検討中ならまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。
それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら