銀座駅 徒歩3分
新橋・有楽町駅 徒歩6分
Tel.03-5537-6645
10:00~19:00 (木曜・日曜休診)
※土曜は9:00~18:00

眼瞼下垂

2021.10.28 木 12:07

眼瞼下垂手術の症例です。

ビフォーアフター

元々は一重で、目の開きが弱く、まぶたが黒目にかぶった状態でした。

眼瞼下垂手術で目の開きが良くなり、くっきりした二重にすることができました。

施術名

眼瞼下垂手術

費用(税込)

¥550,000

ダウンタイム

・腫れと内出血

術後の強い腫れや内出血は2週間程度でおおむね改善しますが、ほぼ形が仕上がるのは、3ヶ月~半年ほどかかります。腫れが残っている時期は、二重幅はやや広く、まぶたがむくんだような状態です。

・傷あと

術後しばらくは傷あとが赤く、硬くなります。通常は3ヶ月~半年ほどで落ち着き、目立たなくなりますが、傷跡が完全に無くなることはありません。

リスク・合併症

・感染(炎症)

まぶたの手術では感染するケースはまれですが、感染を疑う場合は早急に必要な処置を行います。

・血腫

術後の出血が原因で、まぶたが大きく腫れます。こちらも起こることはまれですが、起きた場合は感染と同様になるべく早めに処置を行います。

・まぶたの感覚異常

皮下をはがしたりする手術の影響で、一時的にまぶたの感覚が鈍くなることがあります。感覚が鈍くなると触った時の違和感などがありますが、数か月で改善していきます。

・二重ラインや目の開きの不揃い、二重幅の違い、左右差など

ご希望のイメージを目指して手術を行いますが、100%の仕上がりにならないこともあります。術後半年を目安に、必要があれば修正手術での調整を行います。