銀座駅 徒歩3分
新橋・有楽町駅 徒歩6分
Tel.03-5537-6645
10:00~19:00 (木曜・日曜休診)
※土曜は9:00~18:00

鼻尖縮小術(ストラット法)

2021.09.28 火 10:18

ストラット法での鼻尖縮小術の症例です。

ストラット法は、鼻先の中心に軟骨の柱を移植して、鼻先をしっかり高めて細くする術式です。

ビフォーアフター

元々の鼻は鼻先が丸く、アップノーズ傾向があります。ストラット法で鼻先がしっかり高くなりシャープになりました。鼻先の高さに合わせて、鼻筋にはI型のシリコンプロテーゼを挿入して鼻全体の形を整えています。

施術名

鼻尖縮小術(ストラット法)
耳介軟骨移植(鼻先)
シリコンプロテーゼ

費用・料金(税込み)

¥1,375,000

内訳

鼻尖縮小術(ストラット法)¥605,000
耳介軟骨移植(鼻先)   ¥330,000
プロテーゼ        ¥330,000
静脈麻酔         ¥110,000

ダウンタイム

腫れ・内出血はそれほど目立ちませんが、1~2週間程度で落ち着きます。

術後の24時間固定が4~5日必要になります。

一時的に皮膚の赤みや硬さを生じますが、徐々に改善します。

形の仕上がりは、術後3ヶ月程度が目安です。

リスク・合併症

・血腫

術後に出血が起こり、皮膚の下に溜まってしまうことがあります。必要に応じて、血種を取り除く処置を行います。

・感染(化膿)

まれですが、感染による腫れや炎症を起こすことがあります。必要に応じて、抗生剤の点滴などの処置を行います。

・変形

まれですが、プロテーゼや移植軟骨の部分的な吸収やずれなどによって、へこみやゆがみなどの変形がおこることがあります。必要に応じて修正を行いますが、改めて軟骨や筋膜の採取が必要になることもあります。

・異物反応

まれですが、長期間の経過で、石灰化や炎症などの異物反応が起こることがあります。必要に応じて、プロテーゼの抜去や入れ替えなどの処置を行います。

・元々の鼻の曲がりや小鼻の左右差などは、手術をしても完全に無くならないことがあります。