銀座駅 徒歩3分
新橋・有楽町駅 徒歩6分
Tel.03-5537-6645
10:00~19:00 (木曜・日曜休診)
※土曜は9:00~18:00

鼻孔縁下降術|施術方法、失敗しないためのポイント、ダウンタイムなどを紹介!

2018.06.29 金 12:53

鼻は顔の中心に位置し、人の印象を大きく左右する大事なパーツです。目立ちやすいため、鼻の形や鼻の穴の形にコンプレックスを持って悩んでいる方も大勢いると思います。

今回はそんな悩みの改善に役立つ美容整形の一つ、鼻孔縁下降術について詳しくご紹介していきます。

鼻孔縁下降術とは

鼻孔縁下降術とは、自分の耳の裏などから採取した軟骨を鼻孔上縁内側に移植して、鼻孔上縁を下げる施術です。鼻の穴の面積を狭めることで、目立つ鼻の穴を目立たなくしたり、鼻先を下げたりして顔のバランスを整える効果が期待できます。

プロテーゼを挿入するような施術と比較して、自分自身の組織を移植するため、拒否反応などのリスクを軽減した上で鼻の形を整えることが可能です。

”鼻孔縁下降術は、鼻を正面や側面から見た時に、鼻の穴がハッキリと切り込んでいるように見えてしまう場合に効果的な施術です。耳などから軟骨を採取し、それを鼻孔縁に移植して継ぎ足す事で、鼻の孔の目立たない美しい鼻に仕上げる事ができると言われています。”

引用:美容医療相談室【鼻孔縁下降術】 

鼻孔縁下降術のメリット

鼻孔縁下降術は移植した組織が正常に機能すれば1回で半永久的な効果を期待できる施術です。ヒアルロン酸注入などのいわゆるプチ整形とは違い、徐々に元に戻るということはほとんどありません。

また鼻の穴の内側から切開するため、基本的に施術後の傷痕が目立ちにくいことも利点です。

鼻孔縁下降術のデメリット

《鼻の通りが悪くなる可能性がある》

鼻孔縁下降術の際に鼻のアーチ部分を下げ過ぎてしまうと、息の通りが悪くなってしまう可能性があります。主に医師の技術・経験不足が原因である場合が多いです。

また施術に問題がなくとも術後に鼻づまり、いびきをかきやすいなどの症状が現れることがあります。

こちらは鼻孔縁下降術ではよくある症例で、時間の経過とともに解消される場合がほとんどです。そのため過度な心配は必要ありませんが、長く続くときは別の要因も考えられるため信頼できるクリニックに相談しましょう。

《鼻が変形する可能性がある》

もちろんすべての人に起こるわけではありませんが、術後しばらくしてから鼻先が出っ張ったり、縮んだりするケースがあります。

原因は鼻先へ移植した軟骨や、その周辺の皮膚が引きつりを起こしてしまうことで、酷い時には再手術が必要な可能性もあります。

《感染症を引き起こす可能性がある》

鼻孔縁下降術を行った後に、ごく稀ですが感染症にかかる可能性があります。これは切開箇所などから細菌が入り込み、感染症を引き起こすことでひきおこされてしまいます。また、移植した軟骨が生着せずに壊死してしまうと、そこから感染を引き起こす場合もあります。

鼻の痛みや熱感がダウンタイムを超えても続くようなら感染症の疑いがあるためクリニックに相談しましょう。

鼻孔縁下降術の費用

鼻孔縁下降術の費用相場はクリニックによって差はありますが300,000〜500,000円程度です。

安いクリニックには安いだけの理由があります。クリニックを選ぶ際は手術の費用だけでなく、衛生面信頼できる医師がいるかどうかなども確認しましょう。

鼻孔縁下降術のダウンタイム

《ダウンタイムは大体1〜2週間》

鼻孔縁下降術のダウンタイムですが、術後2〜3日くらいで腫れがピークを迎えます。術後7〜10日くらいで腫れは収まり、時間の経過とともに徐々に目立たなくなっていきます。

《血行を促進する行為は控える》

術後すぐの入浴は血行が良くなり腫れが強く出てしまう可能性があるため、1週間程度は避けたほうが良いとされています。

それまでの間は首から下のシャワーで済ませるか、どうしても湯船につかりたい場合はぬるま湯にして短時間で済ませるようにしましょう。

《メイクは固定終了後から様子をみて行う》

メイクは鼻以外の部分に関しては当日から可能です。メイクを行う場合は強くこすったりせずに優しくするようにしましょう。また、クレンジングの際には、施術部位が濡れないように注意しながら行いましょう。

クリニックによっては鼻のズレや腫れ・内出血を抑えるために1週間程度ギプスやガーゼで固定を行う場合があります。鼻へのメイクは固定が外れた後から可能ですが、腫れや赤みが残っている間は控えておいたほうが良いでしょう。

鼻孔縁下降術を失敗しないためには専門性・技術力の高い医師を選ぶ

全ての人に失敗が起きるわけではありませんが、医師の技術や経験によって手術の結果が左右されることも事実です。その上で、経験の豊富な熟練の医師ならば、上で示したようなデメリットを引き起こすリスクを下げることが可能です。

医師・クリニックを選ぶポイントとしては、美容外科医としての勤続年数はどれくらいか、美容外科のベースと言われる形成外科の出身であるか、カウンセリングを通しての印象はどうか、などが指標として挙げられます。

満足できる結果のためにも、医師・クリニック選びを妥協せず、納得するまでカウンセリングを行うことが重要です。

鼻孔縁下降術に興味がある方はカウンセリングから

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。
それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら