銀座駅 徒歩3分
新橋・有楽町駅 徒歩6分
Tel.03-5537-6645
10:00~19:00 (木曜・日曜休診)
※土曜は9:00~18:00

鼻孔縁下降術のダウンタイム|期間の目安や現れる症状・過ごし方について

2018.06.26 火 14:39

鼻孔縁下降術は鼻の穴が目立つという悩みを解消できる効果的な施術です。

鼻孔縁下降術を受けたいものの、ダウンタイムが心配で施術を受けることを迷っている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は鼻孔縁下降術のダウンタイムについて詳しく紹介していきます。

鼻孔縁下降術のダウンタイムの目安

 

《大体1〜2週間のダウンタイムが必要》

鼻孔縁下降術の施術では1~2週間くらいのダウンタイムが必要になります。仕事や学校がある場合でも3日間ほどは確保しておいたほうが安心です。

施術を受ける際は、学業や仕事への影響をよく考えて余裕のあるスケジュールを組むことが重要です。

《ダウンタイム中のギプス固定について》

鼻孔縁下降術の術後のケアはクリニックによって異なりますが、多くの場合ギプスによる固定を行います

一般的には、術後3日~1週間ほどは固定を行います。固定を行っている期間はできるだけ安静に過ごすことが大切です。

”術後の腫れは約2~3週間続き、クリニックによっては鼻先を固定するのにギブス又は、鼻栓を使用する場合があるようです。”

引用:美容医療相談室【鼻孔縁下降術】

鼻孔縁下降術のダウンタイム中の症状

《痛みの症状について》

鼻孔縁下降術を受けた後は、麻酔が切れ始めたころから痛みを感じ始めます。

痛みのピークは施術直後から術後3日目くらいまでです。その後1週間ほどすれば徐々に痛みは引いていきます。

痛み止めが処方されるので、痛みが強い場合は無理をせずに服用するようにしましょう。

《腫れの症状について》

鼻孔縁下降術のダウンタイム中の腫れについては、施術後3日くらいまでがピークとなっています。その後は2週間くらいかけて徐々におさまっていきます。

腫れの程度には個人差がありますが、多くの場合はメイクでカバーでき、時間の経過とともに落ち着いて目立たなくなります。

鼻孔縁下降術のダウンタイム中の過ごし方

《入浴、洗顔は抜糸後から可能》

鼻孔縁下降術は施術後2週間程度抜糸をします。その上で、洗顔と入浴は抜糸の翌日から可能です。

また、シャワーは患部に水が当たらないように注意すれば施術の翌日から浴びることも可能です。

早く洗顔や入浴したい場合でも、医師の許可が出るまで控えることが大事です。

《メイクについて》

メイクは患部以外であれば翌日から可能です。かさぶたがある場合は、無理に剥がさないように気をつけましょう。

また施術部位にメイクを行うときは、不要な力をかけないように注意しながら行うようにして下さい。クレンジングの際も同様です。

鼻水が出る場合は強くかむのではなく、軽く押さえて拭き取ります。綿棒は使わないようにしてください。

鼻孔縁下降術の施術を検討中ならまずはカウンセリングから

患者様のお悩みに対して納得がいくまでしっかりとカウンセリングを行います。 それは「最高水準の美容医療」を行うため、もっとも重要と考えております。

まずは銀座S美容形成外科クリニックにご相談ください。

メール相談はこちら